2008年02月27日

台湾の同人誌即売会に参加してきました!!【Fancy Frontier11】

RIMG0076.JPG

さて、去年の夏に続いて行ってきました台湾!!

っと、隣のサークルさんのポスターでけーよ!!
まず、そんな感じでしょうか。

うちのフェイトたんポスター(A1ノビ相当)と、のポスターも決して小さくないんだよ!!
ポスターのサイズが、イベント側の規制とかないので、とんでもないサイズのポスターとか印刷してくるんだぜ。
しかも、結構いろんなサークルが!!

台湾のイベントに行って、一番ショックだったくらい、マジででかい。

RIMG0070.JPG

参加してきたのは、台湾の同人イベント「Fancy Frontier 開拓動漫祭 11」
2月16〜17日の2日開催でした!!
今回の会場となった場所が、台北市にある台湾大学総合体育館
(リンクは、旅々台北 台湾コミケ事情へ)

この体育館、上の写真にある観客席付きのコートが3Fに1つ。
他にも、1Fに大きなコート(会場)が1つ。地下にプールが1つ、フィットネスクラブが1つ。
B1に、こんなくらいなコート(ここもFF11の会場でした。)も1つ。
RIMG0153.JPG
RIMG0190.JPG
ある、まさに総合体育館という、かなーり大きな会場です。


ちなみに、1Fの会場ではCTW(コミックワールド台湾)が開催されてました。(こっちも2日開催)
RIMG0189.JPG
併設の会議室では、ドール専門の会場も。

今回のFancy Frontierは、萌え系、男性向けが多く、
CTWは、ほとんど女性向けでした。
また、両方のイベントに参加しているサークルも!!
(ちなみに前回は、同会場の同時開催でなかったので、Fancy Frontierも女性向けが多かったです)

っというか、日本でもトーンでおなじみのデリータのエスイー株式会社が、コミックワールドという名前で即売会を開催してますね。
主催の会社は、違うかもしれませんが同じイベントグループです。


Fancy Frontierの主催は、Frontierという台湾のヲタク向け情報誌(中身はアニメ・声優情報が充実したファンロードみたいな感じかな)

ちなみにモモーイのコラム連載ページがあったり(桃井はるこ的 OTAKU萌CHANNEL)、CG講座があったりと、中国語を読めなくても結構楽しめます。


FancyFrontierのイベントの盛り上がり熱狂っぷりと言うと、90年代のコミケ並!!
列の横はいりとか・・・、札を握り締めて本を買おうとしている所とか、なんというか熱気がスゴイ。

Comic World台湾も、FF11の会場が落ち着いた、2日目の2時過ぎとかに行ったのですが、かなーり混んでいましたね。


で!!
RIMG0148.JPG
こんな感じで、↓の感じで告知。FFの公式告知掲示板にも書き込んで行きました。
http://blog.shinings.net/article/10875845.html
(写真は2日目の様子、隣のサークルは欠席でした)

前回よりも多く持っていったんだけど、無事に完売。
台湾でも、なのは・フェイト人気があるのは、うれしいもんです。


あと今回、たけやぶ☆さんの、らき☆すた本とこじか本も持って行きました。
事前にイベントスタッフの人に、大丈夫!と確認はとっていましたが、
海外はロリが厳しいので、捕まらないのか、売り子を手伝っていただいた
おりもとみまなさんと、コバじゅんさんとドキドキしながら販売をするプレイを…(ヲイ
台湾でも「らき☆すた」人気はスゴかったです。
お手伝いありがとうございました。
((えっ、なのは×フェイトの9歳はどうだって?捕まるなら前回の遠征で捕まってますね。そりゃそうだ。



そんでもって!!
RIMG0231.JPG

ピッコロさんktkr!!

みなさんおそろいのようで、
RIMG0232.JPG

この写真を撮ったとき。ちょうど雨がぱらついてきていたので、
レイヤーさんがみんな館内に入ってきていました。

他の様子は↓
「オタクのみなさんニーハオ!! 台湾版コミケ「Fancy Frontier 開拓動漫祭 11」が台北で開催」
http://ascii.jp/elem/000/000/108/108809/
がよくわかるかな。


あと、このイベントの会場のよい所は。
RIMG0079.JPG
観客席があって、そこを開放しているので、みんな待機できる。
(戦利品の整理や、その場で見ることもできます)

RIMG0082.JPG

天井がドーム型で高く、日光が入るので開放感があって休まります。
(お弁当も食べれるし、一休みしてから、また戦場へ繰り出せる素晴らしい環境です )

あと、踊り場に出る事ができて外の綺麗な空気も吸えます(この場所は雨天時にコスプレ撮影もあったり)
RIMG0226.JPG

雨上がりの広大なキャンパスを見渡せて、気持ちよかったです。
RIMG0224.JPG
RIMG0225.JPG


さて、Fancy Frontierのイベントの特徴として外せないのが、同じ会場内にある特設ステージにてのステージイベント!!
今回、CARNELIANさんと井上喜久子17歳さんが、ゲストに来ていました!!

ちなみにこんな感じの場所!!
RIMG0089.JPG

会場前に撮ったもの
RIMG0146.JPG

えぇ、ステージ周りはカオスでっせ。
17歳へのツッコミは、ちゃんとサークルスペースからしました!!

ちなみに、1日目終了後に手前のスペースがサークル参加者向けの荷物預かり場所になるので、結構便利です。


ステージの詳しい様子なんかは↓をどうぞ
「もはや17歳+****日は世界の共通設定! ぼくらのお姉ちゃん、井上喜久子さん、台湾に立つ!」
http://ascii.jp/elem/000/000/110/110097/

ちなみに、前回のゲストは杉田智和さん、と西又葵さんでした。
毎回、すんげー熱狂っぷりに、さすが南国!!っと思ってしまいます。規模はともかく、人の熱狂っぷりは日本より凄いかも。




さて、会場&周辺の事について。
体育館の正面。
RIMG0069.JPG

Fancy Frontierのパンレット売り場があります。夏はジュースの販売所もありました。
道路横なので、ホテルから体育館正面のサークル入場口のすぐ近くまで、タクシーで行けます。

今回泊まった民権西路にあるサンルート台北から、200元(600円くらい)もしないです。
(台湾へ荷物を送ると、だいたい10kgで一万円送料がかかるので、手持ちで持てる量は持っていきます。船便だともうちょい安くなるけど、それでも半額くらいかな)
サンルートって、日本のホテルチェーン店なので、日本語バッチリ!!
地下は大戸屋完備!!もちろん日本と同じメニューです。
あと、トイレはウォシュレットで、紙も流せます。


CWJのチケット売り場は?っというと
RIMG0185.JPG
体育館のちょうど裏側にチケット売り場があり。

RIMG0187.JPG
ここで販売しています。

前回はFancyFrontierが、このチケット売り場を使っていました。

で、この反対側では
RIMG0186.JPG
奥の、ちょうど人だかりができている所が道路でして、
そこの屋台がいっぱい来て、戦士達に補給をしています。

歩けばコンビニもありますので、食料調達はいろいろ可能です。

コンビニで買ってきてもらったもの(その一部、他のは即効で食ってしまったw)
RIMG0192.JPG
お〜いお茶も、日本と同じように売ってます。
ここは、台湾のドリンクに挑戦してみるのが良いでしょう。
正直、飲めないドリンクはないです。

おにぎりの具も、日本には絶対なさそうなのが結構あります。
チャレンジャーな人は是非!!
こっちの保障はしません!!!!!!!!←何かあったらしい


ちなみに徒歩圏内に、吉野家も、銀だこもあったりします。
突然日本食!?が恋しくなっても大丈夫です!!


さーて、会場内の事について
愛煙家の皆様には残念ですが。
RIMG0206.JPG
全館は禁煙です。


のどが渇いても大丈夫!!
海外の自販機の使い方がわからない!!
そこらへんも大丈夫!!
RIMG0195.JPG
どうみても、日本と同じ。

それもそのはず。
RIMG0196.JPG

日本国内シェアNo.1の富士電機製でした。

ちなみに、日本製以外の自販機ももちろんあって、
反応が日本製みたいに機敏じゃなかったり、硬貨の認識が悪かったりして、海外の自販機は使い方が違うんじゃないのか!?
っと思う罠があるので、要注意です!!(前回はまったw

ちなみに10元(30円くらい)〜25元でペットボトル(75円)が買えます。
2008年2月のレートでは。


ゴミの捨て方が・・・
RIMG0198.JPG
RIMG0199.JPG
この通り、分りやすく書いてるから大丈夫です!!

トイレはどこ・・・
RIMG0203.JPG
標記って大事ですね。
外国に行くと、すごくありがたみを感じますな。



そんなこんなで、再び表へ行ってみると

RIMG0156.JPG
shinings-2008-02-27T17 59 10-4.JPGRIMG0160.JPGRIMG0167.JPG



つっ、ついに台湾まで!!

RIMG0163.JPG
RIMG0173.JPGshinings-2008-02-27T17 59 13-6.JPG
ででーんと、こなた号!!

うむー、とうとう海を渡ってしまったか!!
前回はいなかったので、今回が初である。
台湾も確実に進化を続けている!!

そして、こなたカーと一緒に
RIMG0181.jpg

ちなみに、写真を撮ったのは2日目です。
1日目の様子は
「痛車 in 台北! 世界は痛車に毒されはじめた……」
http://ascii.jp/elem/000/000/109/109681/
をどうぞ。

んでもって、
RIMG0170.JPG
RIMG0171.JPGRIMG0177.JPGRIMG0178.JPG

フェイトバイク!!
痛くはない!!愛の形なのだ!!(ヲイ
って事で、痛バイクも!!

そうくればもちろん。
RIMG0176.JPG
RIMG0172.JPG
痛チャリってこった!!

しかも、ピストかよ!!
(ブレーキなしの、固定ギアの自転車。トラック用の自転車、競輪でも使ってますね)
台湾の自転車の法律は知らないけど、あの台北の交通事情で、街中を走ってるなら・・・

って事で、次回はもっと増えるであろう。
大いに期待です!!


そんなこーーんなで、イベントをめいいっぱい楽しんだんですが、
今回思ったのが、日本のサークル多い!!
前回の夏に比べて2倍以上増えてね?
そりゃ、こんだけ面白ければ行く人間も増えると思います。
台湾は親日ですので、日本人だから差別をうけるとか、そういうのは滅多にありません。

なので、海外遠征が、これからのトレンドと見た!!(ぉ


しかし、日本人はなんだかんだで目立っちゃいますし。
あんまりはしゃぎすぎると、日本人の印象が悪くなっちゃいますし、気をつけないといけませんね。俺がな!!
posted by しゃいあん at 19:05| Comment(2) | TrackBack(1) | 台湾

2008年02月14日

【FF11】日本社團『SHINING』魔法少女奈葉本

FANCY FRONTIER11『SHINING』販售物


社團  SHINING
第一天 2/16(六) H-17
第二天 2/17(日) H-17

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
C73新刊 台湾初
Magicalfate_Etranal
魔法少女奈葉本【18禁】
「Magicalfate Etranal」
價格:NT$100
B5/16頁/18禁
言語:日文
作者:しゃいあん、まなたん
SAMPLE【18禁】

表紙絵壁紙

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

既刊(C72) 台湾初
20070803nanofate1.jpg
魔法少女奈葉本【18禁】
「Magical Fate A's Strikers」
價格:NT$150
B5/28頁/18禁
言語:日文
作者:しゃいあん、ロンゲ魔人K、まなたん、しょうちゃん
SAMPLE【18禁】
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

shining01.jpg

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
っという、台湾向けの告知コーナーでした。

そうそう。

今回、一緒に台湾に行く、天夢 森流彩たんの『和』の台湾告知ページを自分がちょろっと作ったので、↓にリンク
http://www.shinings.net/nagomi_ff11/index.htm

中国語勉強しなければ・・・
posted by しゃいあん at 10:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 台湾

いよいよ台湾

いよいよ明日から、台湾へ行ってきます!!!!

台湾最大の同人誌即売会であるFF11に参加はもちろんなんですが、
他に楽しみにしているのが、電脳街!!

EeePCの8GB版を値切ってくるぜ!!
台湾の電脳街は、日本の電気街が失ってしまった、あの頃の活気が・・・(遠い目

PC自作全盛期とか、そこらの時代の電気街が好きだ!!
って人は、オススメです。

あやしぃパーツとか、どっから流出したんだよ!!
ってパーツがいっぱいあって、見てるだけですんげー楽しいです。

それとですな!
自転車パーツ!!
台湾はいろんなOEMメーカーが存在して、
まったく日本に入ってこないパーツとかが、いっぱいあるんだぜ!!

とどめは食い物!!
前回、民権西路にある『湘厨』に行ったのですが、
最高に良かった!!450元(約1500円)の食べ放題なんですが、
日本の中華街に行って食べたら、何万円かかるんだ!?
って感じの、すげえ料理がいっぱい死ぬほど食えます!!

夜店も、美味しい店がいっぱいあるのでたまりません!!
posted by しゃいあん at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾

2008年02月10日

今日のサンクリ

申し訳ありませんが、所用の為に欠席致します。

残念。
posted by しゃいあん at 07:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 同人情報